» ちょっとしたお話

たんぽぽ

| ちょっとしたお話 |

「念ずれば 花ひらく」

詩人の坂村真民さんの詩です。あまりにも有名な詩ですが・・・・

恥ずかしながら坂村真民さんがこの荒尾市のご出身だと知ったのは昨年のことでした

そして荒尾市が作成しているこの「荒尾花物語」を読ませていただき、改めて坂村真民

さんが荒尾にとても縁が深い方だということを知りました

 

タンポポ魂

        坂村真民

踏みにじられても 

食いちぎられても

死にもしない 

枯れもしない

その根強さ

そしてつねに

太陽に向かって咲く

その明るさ

わたしはそれを 

わたしの魂とする

 

坂村真民さんは人から褒められるような大きな美しい花ではなく、野の花であり、雑草で、

踏まれても根強く自分自身の花を咲かせるタンポポは自分自身だと仰っておられるそうです

タンポポは生命力の強い植物です。

アスファルトの間から生えることもありますね。

その根は50㎝以上、最大で1メートルもの根を伸ばすこともあるそうです。

根がしっかり生えているからこそどんな所でも強く、まぶしい黄色の花を咲かせるのですね。

法華経の中で、

 

「諸(もろもろ)の徳本を植えること」

という教えが出てきます。

 

「徳本を植える」ということは善根を植えるということ。

他人のために、何かのためを想い私達がする行為のことです

しかし、この行為を「自分は立派なことをこれだけやった!」

「みんな!褒めて!!」

など、ひけらかしているようではいけません。

人に見られようが見られまいが、コツコツとその行為や努力を続けていく。

これが善根を植えるということです

 

そうして見えないところに伸びた根はどんな逆境があっても決して倒れない、へこたれない体をつくります。

 

お日様にむかってしっかりと立ち、スポットライトが当たらなくても木漏れ日の中でさりげなく自分らしい花を咲かせ輝いている

 

タンポポのような生き方。

見習っていきたいものです

 

心の鏡

| ちょっとしたお話 |

自分で自分の姿を見たい時、皆さんはどうしますか?

色々やり方はあるかと思いますが・・・

一番手軽なのは鏡をみることですね。

 

しかし鏡に映った自分。

これは果たして本当の自分の顔なのでしょうか・・・

 

こんなお話を聞きました。

 

鏡に映った自分というのは光の加減や鏡の前に立つとどうしても無意識によく映るために角度をきめたり、

「キメ顔」というのをしてしまう人間の悲しい性により・・・

実際よりも素敵に映り、その顔を自分の中で自分自身だと思い込んでいるとのこと・・・

「お!まだまだ俺もいけんじゃん

鏡の前でそんなこと・・・・思った事ないですか?

 

なので、写真や映像に映った自分を見ると、

「え?これって自分?」と思うことがあるようです。

 そんな経験ないですか

 

今は自分で自分の写真を撮るときは何回も取り直しができますし、

スマホで撮ることもできますから便利ですよね・・・。

 

さてさて、私達の心の中には2つ「鏡」があるそうです

 

一つは「他人鏡」と呼ばれるものです。

どういうものかと言いますと・・・

 

自分というものは自分ではわからないものです

だからこそ他人の眼から見られた自分というものが気になる。

他人の眼から映った自分の姿、それをまた別の他人と比べ、落ち込んだり喜んだり・・・

つまりは他人からの評価が気になってしょうがないわけです・・

他人の眼から見られた自分を写す鏡を「他人鏡」と言います。

 

しかし、だんだんと自分の存在が認められ自分の心に余裕ができると

他人の眼ばかり気にしていた自分、形ばかりにとらわれた自分を反省し、

自分は自分、他人は他人!気にせずしっかりと歩いていこう!!

と思いますが悲しいことにそうやって反省できるのは心に余裕があるときだけです。

 

心に余裕がなくなってくると、また他人からの眼が気になり始めます・・。

 

自分も悪いが・・・まぁ、あの人よりはましだ!

そんな風に自分にとって都合の悪いところは一切見ないように、

自分の欠点を隠し美化してゆがんだ自分の姿を見せる鏡、

これが「自分鏡」というものです。

 

他人鏡と自分鏡、二つの鏡が私たちの心の中で自分自身を映しています

 

どうすれば自分の心をありのままにみることができるのか?

 

お釈迦様はご入滅される時、お弟子様たちから

「お釈迦様がお説きなられた45年の教えを一言で言い合わらすならばどんな教えですか?」

と尋ねられると

「汝らに法鏡を授けるであろう」と仰いました。

 

法とは真実、鏡は映し出すもの。「法鏡」とは、つまりは真実の自分の姿を映し出す鏡という意味です。

真実のありのままの自分の姿を知るための教えが仏教ということです

 

宗派によって色んな教えがありますが、どの教えも自分を知り、自分と向き合うための大切な教えだと思います。

何も難しい教えだけが仏教ではありません。

 

お墓参りをされ、お亡くなりになられた方々やご先祖様と向き合うことも、

お寺に行き本堂でゆったり座り、ご本尊と静かに向き合うことも、

自分と向き合い、真実の自分を知るための一つの方法です

 

梅雨に入り、なんだか心も身体もじめじめしている時こそお寺参りに行かれませんか

「はきものをそろえる」

という詩です。この藤本幸邦さんの詩が大好きでお寺の玄関などに飾りたいと思い、

先日OTELIKEにも出店していただいた「Happy Art  おおきなき」さんにお願いして

書いていただきました

藤本幸邦さんはお亡くなりになりましたが曹洞宗の和尚様でした。

「はきものをそろえる」

単純なことにも思えますが、一つの善根(よい報いを招く元になる行為)が他者にも伝わり

一つの大きな和となる。とても心に響く詩です

 

そしてこの詩は、脚下照顧(自分の足元をよくよく見なさい)

という禅の教えにつながるそうです。

はきものそろえることによって自分の足元を見る、自分が歩いてきた道、そして今立っているところ、今から歩くべき道。

しっかりと見て、歩んでいきなさい

様々なことを教えてくれます。

 

先日5月17日に曹洞宗のお寺佐賀県白石にあります。

曹洞宗 陽興寺さまへ熊本の布教師会で座禅体験にいきました。

こちらの御住職「高岸宗範和尚」とは宗派を越えた「未来の住職塾」

という学び舎で一緒に学ばせていただき何かと仲良くしていただいております

一度行ってみたいと思っていた場所でしたが!!!

想像通りの「ザ、禅寺」という場所、静かな山々に囲まれ鐘つき堂、山門に続く長い階段。

素晴らしい環境でした

御住職より坐禅のレクチャーをいただき、歩く坐禅そして、坐禅。

意識は一瞬一瞬動いているが、その一つ一つを追いかけるのではなく、流れのままに任せる。

一つの思考を次に、そして自分につなげない。

思いの手放しをする・・・

御住職のお言葉を聞き、

禅の教えというのは実に生活に密着したものだなぁと大変に勉強になりました!

普段より座禅体験もしていらっしゃいます。

たまに妙国寺に「座禅したいのですが」

とお問い合わせいただきますが・・・・

残念ながら日蓮宗は坐禅はしません

是非、本場のお寺に行っていただきたいと思います。

ご興味のおありの方は是非お問い合わせください。

〒849-1115
佐賀県杵島郡白石町大字湯崎1751
TEL:0952-84-3510

曹洞宗 佛日山 陽興寺

 

 

5月23日は「戌の日」でした!

古来よりこの戌の日は安産祈願をし腹帯に護符を書いてもらう日とされていました

毎月、戌の日には色んな方々にご縁をいただきます

昨日の安産祈願はなんと!!

5世代でお参りに来ていただきました

92歳のおばあちゃんを筆頭に、お孫さん、ひ孫さん姉妹、ひ孫さんのお姉さんのお子さん(玄孫さん)

今回はひ孫さん(妹さん)の安産祈願です

皆さんとても元気なご家族で見ているとこちらも元気になります。

お孫さん達もひ孫さん達もおばあちゃんが大好きで皆を見守るおばあちゃんの眼はとても優しく幸せそうです。

安産祈願、初参りの際はいつも記念写真を撮らせていただきプレゼントしています。

保存してあるその写真のフォルダを見ると一枚一枚にそれぞれのご家族の物語があります

安産祈願に来られてまだ緊張されている顔・・・

そして出産を終え、初参りに来られた時にその腕に新しい家族、皆さんの幸せそうな笑顔

この写真をみることは私の何よりの幸せです。

昨年から初参りしてくださった赤ちゃんの写真を鬼子母神さまへのご報告と守護していただけ

るよう願いをこめて鬼子母神様のところへ掲示しています

来月の戌の日は・・・。

6月4日(日)16日(金)28日(水)です!

事前に0968-62-2107へお電話をされご予約をされていらしてください!

詳しくは・・・・こちら

 

 

今年も「OTELIKE」開催されました!

例年の如く暑い!!

しかし、お寺の中も活気で暑い!!

今年も沢山の方にご来場いただきました!

ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました!

本年は「荒尾太鼓」さんの演奏で始まり

fugo(白狐)さんとのコラボ!

力強く!重音な!そして厳かな・・・。

そして飽きさせない構成の新しいスタイルも取り入れた太鼓のスタイル!

とても素晴らしかったです!

HALUNAさんのベリーダンス!

見ていらっしゃる方々も飛び入りで参加したり!

楽しい時間でした!

11時からは篠栗忍者隊の忍者殺陣ショー!剣術指南道場!

かっこいい忍者の登場に皆大興奮でした!!

忍者体験コーナーも人気!忍者の服を着ているお子さんもいましたよ!

「また忍者に会いたい」って方!!

今年も大蛇山のお祭りの時にどこかのブースに忍んでおられるそうですよ~!

 

12時からはピエロック一座によります人形劇公演!

生のバイオリンとピアノそして人形劇!

大人も子どもも惹きつけられる魅力的な公演でした!

赤ちゃんはいはいレースでは18名の赤ちゃんに参加していただき!

大人もみんな大歓声で応援しましたよ~!

そして毎年締めくくりは

ハワイアンフラ&オチタヒチダンス Hula’Olu’olu O Moanalani の皆さん!

今年はオノコロアンサンブルさんの生演奏でのコラボレーション

生歌に生演奏に感動!

心が癒されるとても素敵な時間でした!

パフォーマーのfugoさんのペンシルバルーンの前には常に子ども達の大行列!

すごい人気でした!

今回とても嬉しかったのが、ご近所の方々がたくさんご来場してくださいました!

いつも見かける方々や、自転車で遊びに来てくれた地区の小学校の子ども達!

「檀家さんしか来ちゃだめだと思っていました~」

そんな声を昨年まで聞いていてとても寂しく思っていたのですが・・・

地域のためにあるお寺、気軽に立ち寄れるお寺、。

そして妙国寺のテーマであります

「みんなが笑顔になれるお寺」

少しは近づけたかな?

そう思えた一日でした

暑い中ご出店していただいた店舗の皆様、ご満足いただけなかった点も多々あると思います。

このイベントに出店していただき、心よりお礼申し上げます。

そしてご出演していただきました皆様、皆様のプロとして人を楽しませるという姿には感服いたしました!

万田中央協議会会長様、万田東区長様、万田中区区長様、落合葬儀社様

机や椅子、駐車場など設営に関してご協力いただき本当にありがとうございました!

そして檀信徒の皆様、いつもわがままにつきあってくれる友人達、家族の皆様。

皆様のご協力がないとOTELIKEは成り立ちません。

深く深く御礼申し上げます

思い残した点は・・・ご来場してくださった方々とあまりおしゃべりできなかったことでしょうか・・・。

気軽に話しかけてくださった結構なんですよ!

お寺のお坊さんも本来、気軽な存在なんです

まぁ・・・僕は少し人見知りしますが・・・(笑)

本当にありがとうございました!!

いよいよ『OTELIKE』明日になりました!

4回目の開催で「OTELIKE4」

明日は晴天

友達、檀信徒の皆様、沢山の方にお手伝いいただき

あと少しで準備も終わりそうです

「『お寺いこう』楽しみにしています

「『お寺ハイキング』行きますね~

たまにちょっと間違われることもありますが・・・

「あ~OTELIKEのお寺なんですね~

と言っていただけることもあり・・・嬉しいかぎりです!

「なんか面白い事やってるお寺があるんだなぁ・・・」

そう思っていただけるだけで大満足です!

さぁ、もうひと頑張りします

ぜひ、明日は遊びにきてくださいね~!

駐車場は

本日も沢山の方々においでいただきました

おしゃべりチーターズのベビーだけじゃもったいないベビーアート!!

本日のテーマは「子どもの日

こいのぼりの背景を舞台にママさんとお子様の幸せな時間を

おしゃべりチーターズが盛り上げます

撮影待ちや撮影後はカフェ付きなので本堂にてゆったりとママさん同士の交流の時間

笑い声の絶えないとても楽しい時間となりました

さて!来月のおしゃべりチーターズのベビーアートは!!

5月21日(日)「OTELIKE」

本堂内にて10:00~16:00の時間帯に開催されます!

テーマは・・・「忍者」っぽいものをするそうですよ

是非お楽しみに!!!

そして!

「OTELIKE」開催中に13:15~「はいはい競争」

やります!豪華賞品を準備していますので是非皆様ご参加ください

お申し込みは080-6473-6322まで!!

春になり例年に比べて遅咲きの桜も、ここ2,3日の雨と風であっという間に葉桜になってしまいましたね

 

先日、所用があり新幹線に乗ったときのお話しです

博多駅から新幹線に乗り、三人掛けの席の窓側に座りしばらく本を読んでいますと

「ココアイテイマスカ?」

とカタコトの日本語。

ふと見上げると大きなスーツケースを抱えた外国人のカップル。

「おぉ!どうぞどうぞ」

と新幹線でお隣が外国の方という初めての経験をしました

 

笑みを浮かべながら会釈したものの・・・

う~ん・・・・

何か喋ってほしそうだな・・・・。

何か喋った方がいいのかな・・・・。

なんだかモヤモヤし始めました・・・・

 

しかし、英語は僕は中学英語で止まっていますので喋れる英語は限られます

 

「ウ・・ウ・・ウェアーアーユー フロム?」

 

ひきつった笑顔で話しかけました

おそらく4,5割程度しか聞き取れませんでしたが・・・。

身振り手振りで得た情報はドイツから初めて日本に旅行に来られたということ、韓国経由で来られて1日かがりでこられたそうで・・・

今から岡山の鍋島というところへ行き、京都、東京と観光して帰るということ。

桜を見にきたのに残念ながらまだ咲いていなくてとっても残念だ!

ということ

 

手には桜、芸者、富士山の写真がセットのわかりやすい日本ガイドブック

おそらくその著者が行ってみて素晴らしいところが書いてあるんだと思います。

私達日本人も気が付かないような観光名所が細かく掲載されてありました。

 

少しづお互いに理解が進みつつなんか盛り上がってきたので

スマホの写真、お寺の写真を見せてあげました

「マイハウス イズ テンプル!!」

「オー!!!」

 

大晦日の竹灯籠水行式の写真です

 

「オー!ビューティフル!!」

 

おお!さすがこの竹灯籠の素晴らしさはドイツの方もわかってくださるのか

と感動しながら今度は水行の動画を見せました!

 

見ていて怪訝そうな顔

 

「ウィンター?」

「Yes!New Year’ s day!!」

 

自信満々に答えると

 

「ハッハッハー オー イッツ クレイジー」

 

と苦笑いされていました(笑)

 

その後も結構話は盛り上がり、ガイドブックを一緒に見たり、

スマホで日本の色んな所を紹介してるうちに広島駅につき、

「ドウモアリガトウ

笑顔で手をふって行かれました。

 

いやぁ・・・日本人として少しは「おもてなし」ができたかな・・・

 

と思い、さて眠るかと思い目をつぶったとき

 

「アイテイマスカ?」

 

とまたしてもカタコトノ日本語!!

 

まさか!と思い見るとまたしても外国の旅行者のお二人・・・

 

「どうぞどうぞ・・・」

 

笑顔でお隣のシートをご案内したのでした・・・。

 

10年前と比べると本当に外国からの旅行者の方々は格段に増えましたね・・

世界中から沢山の外国の方々が訪問されていらっしゃいます。

日本に興味をもってきていただけるというのはありがたいことですね。

あと10年もすればもっと増えるのかもしれません・・・

あの・・・聞き流しただけで話せるようになるやつ始めようかな・・・

 

さて、お経の中に「妙音菩薩」という菩薩さまのお話が出てきます

この妙音菩薩さまは神々やお坊さんや男の人女の人、子どもや龍、鬼神など・・・様々なありとあらゆる姿に身を変えて教えを説かれます。

なぜ、そんな様々な姿に変身されるのか?

それは、教え導く相手と同じ姿になる、同じ立場に立とうとされていらっしゃるからです。

人を教え導くときはまずその人を理解しなくてはいけません。

それは相手の立場に立って相手の気持ちになって初めてできるものです。

人と接するときも同じですね。

人間十人十色、思想も文化も宗教もそれぞれ違います。

まず、その人の立場に立って接しなければいい人間関係は築けませんね

 

「この人はこうだから」

そう決めつけてしまってはそこで終わりです

 

お互いにお互いがわからないから・・・

少しでも相手を理解しようと相手の立場に歩み寄ろうとするからこそ通じ合う心が生まれたわけです。

 

東京オリンピックに向けて外国からの旅行者の方々もこれからどんどん増えてくることでしょう。

「おもてなし」

という言葉はまず相手を理解しようとする心から始まるのかな・・・

そんなことを思った日でした

4月8日 「🌸花まつり🌸」

さて、何の日だかご存知でしょうか?

実は仏教の創始者「お釈迦さま」の誕生日です!!

お釈迦様のお母さん、摩耶夫人が出産のために実家に帰られる途中、休憩のために寄られたルンビニーの花園・・・

綺麗な花に囲まれて、右手を上方にのばされたとき、その右わきからお生まれになったと言われています。

産道を通らずに生まれたということは、凡人とは違った偉大な聖人だということを意味しているそうです。

生まれてすぐに七歩歩かれて右手で天を左手で地を指して「天上天下唯我独尊」と宣言されました。

七歩歩かれたということは

六道(地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人界・天界)の世界をぐるぐると生まれ変わり続ける輪廻の世界を越えて仏さまとして生まれてきた存在であることを意味しています。

そして有名な「天上天下唯我独尊」は

「我にまさるほとけなし」という意味で、

「私こそがこの世界で人々を救っていく存在なのである!!」

と決意表明をされた一言であるのです

お生まれになった後お釈迦様の誕生を喜んだ竜王が甘露(あまい)の雨を降らして沐浴させたという伝説があります。

なので、「花まつり」の行事にはルンビニーの花園に見立てて花で飾った御堂に、お釈迦様のお生まれになった姿「誕生仏」で法要を行い、みんなで甘茶を注いでお祝いをします

妙国寺でも 4月8日(土)11:00~ 「花まつり」を行います!!

毎月開催の鬼子母神祭と一緒に行います。

一緒にお参りをして、お話を聞いて仏教に触れ、甘茶を飲んだり、誕生仏にかけてお釈迦様のお誕生日をお祝いしませんか?

どなたでもご自由にお参りできます。

普段はお寺にきてるけど、お参りは来たことがないという方もこの是非!

お参りはお一人500円(昼食つき)です。

しかも、甘茶のお土産つきです

封筒にお金を入れて表に願い事と氏名(ふりがな)を書いてお持ちください。

甘茶?甘茶って何?という方・・・

甘茶はノンカロリーでノンカフェイン!!

抗アレルギー作用やアンチエイジング作用もあるそうですよ!!

おうちの外に撒いたら害虫除けにもなるそうです!

どうぞお気軽においでくださいね~!!

おしゃべりチーターズのベビーアート開催されました

1か月と6か月のベビーさんです!

ママさん達がお友達!

きっと大きくなっても仲良しですね!

1歳の HAPPY BIRTHDAY!

おめでとうございます!

みんなとっても可愛らしかったですよ~

今日もたくさんの方々が来てくださいました!

本当にありがとうございます

楽しい時間を過ごせたでしょうか?

チーターズのお二人の撮影スキルも上がっているなぁ・・・・

と感心します(笑)

また是非遊びに来てくださいね!

来月は

4月19日(水)10:00~の開催です!!

こうご期待!!