9月, 2022 | 熊本県荒尾市 日蓮宗大乗山 妙国寺のお知らせページ

秋季彼岸施餓鬼供養行われました。

| ちょっとしたお話 |
Warning: Undefined variable $comments in /home/entrys06/myokokuji.info/public_html/news/wp-content/themes/entrys/archive.php on line 29

今日は彼岸の中日 秋分の日です🌅

妙国寺では秋季彼岸施餓鬼供養が行われました。

雨になるかな?と心配していましたが、何とか持ちました😌

お参りいただきました皆様ありがとうございました😁

住職の挨拶では、住職の交代を本年度行い、式を来年春に行う事をお話されました😮

いよいよ住職の交代の時期が近づいてきました。

身の引きしまる想いがします😨

お焼香台は、沢山の彼岸花を並べました。

本日法要中に撒いた散華です🌸

最近、法要ごとに散華を作るのに凝っています😁

そして、今日は檀信徒の小島さんによるギター演奏がありましたよ😄

普段から老人ホームなどへボランティアで慰問に行かれていらっしゃるそうです😄

素敵な歌声とギターの音色に感動でした😊

 

本日、「使ってください」といただいたお線香がとても素敵でしたので写真に撮りました!

燃え切った後に絵とお題目が出てきました😁

 

お参りいただきました皆様、本当にありがとうございました。

来月は10月8日(土)11:00~月例鬼子母神祭がございます。

どうぞお気軽にお参りくださいませ😄

秋季彼岸施餓鬼供養のお知らせ

| ちょっとしたお話 |
Warning: Undefined variable $comments in /home/entrys06/myokokuji.info/public_html/news/wp-content/themes/entrys/archive.php on line 29

昨日より彼岸の期間に入りました😉

今年の秋の彼岸は23日秋分の日を真ん中に一週間。

20日~26日までです🍁

 

台風が過ぎ去ったと同時にすっかり涼しくなり、

急に秋がやってきましたね😰

 

気候の変動が激しい期間ですので皆様どうぞお体ご自愛くださいね。

 

さて、お彼岸は私達の住む世界と亡くなった方々がおられる世界が最も

近くなる期間と言われます😀

 

近くなると想いも届きやすくなるものです。

ご先祖様や亡き方々へ感謝の気持ちと共に手を合わせてくださいね😌

秋分の日 23日 11時より

秋季彼岸施餓鬼供養を行います。

お申し込み希望の方は、下の画像の封筒の内容を書き込んでこちらからメールされても良いですし、

当日受付にこの封筒がありますのでお申し込み下さい😌

せがき供養料(卒塔婆代)はお一つ 二千円~

御供米料は 千円~ です。

 

お参りいただいた方にはお弁当とおはぎを差し上げます😌

 

芸術の秋という事で、今回法要後、ギター演奏もございます。

法要はどなたもご自由に参加できます😌

 

どうぞお楽しみに😌

彼岸花のお話

| ちょっとしたお話 |
Warning: Undefined variable $comments in /home/entrys06/myokokuji.info/public_html/news/wp-content/themes/entrys/archive.php on line 29

暦ではもう秋のはずなのですが、残暑が厳しいと言った方が良いのか・・

暑い秋ですねと言ったら良いのか・・・😅

 

毎日暑い日々が続きますね・・・😅

しかし、「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、朝晩は涼しくもあり、

境内では「彼岸花」が咲き始めました🌱

彼岸花、リコリスは土の温度が最低気温20度前後になると「待ってました」とばかりに花茎を伸ばし、花を咲かせるそうです。

 

彼岸花の別名は、色々ありますが一番代表的なものは「曼珠沙華」ですね!

この意味は、サンスクリット語で天界に咲く花、仏教ではめでたい事があった時に天から降ってくる花という意味があります。

 

実は、法華経の中にこの場面が出てくるのです😯

 

妙法蓮華経序品第一という最初の章のお話です。

 

お釈迦様がありがたい教えを説き終わると、瞑想状態となられ、心も身体も全く動揺しない状態になりました。

するとその瞬間に、曼陀羅華と大曼陀羅華、曼珠沙華大曼珠沙華がお釈迦様と教えを聞いていた聴衆の上に雨のように降り注ぎ、

大地が六種類の振動を起こしました。その素晴らしい光景に集っていたすべての者達は喜び合掌しお釈迦様を仰ぎ見ました。

すると、お釈迦様の眉間の白毫(眉間にある イボみたいなところ、実は一本の長い毛が丸まっている)から光をお放ちになり、

全ての世界を照らし出しました。

 

という、何とも不思議な場面😌

 

雨のように降り注ぐ「彼岸花」とても素敵で綺麗でしょうね・・・。

 

ただ、この彼岸花は「毒」を持ちます。

 

仏さまの世界ですから、雨のように降り注いでも大丈夫でしょうが・・

実際に口に入るとえらいことになります・・😓

 

田や畑の近くに沢山咲いているのはその毒でモグラやネズミから作物を守るためだとも言われます。

 

土葬の時代、墓場にも動物除けで植えられたので、「死人花」「地獄花」とか、「毒花」など別名で呼ばれました。

 

赤い彼岸花の花言葉は、あきらめ、悲しき思い出など・・・。

 

何となく、怖そうな悲しそうなイメージが先行する花なのですが・・・😒

 

「再会」という花言葉もあります😁

 

墓地に植えられたのは 「また会えますように」

という意味もあるのかもしれませんね。

そして、白色の彼岸花の花言葉は「また会う日を楽しみに」 なんですよ😄

来週20日から26日までの一週間はお彼岸の時期です。

 

お彼岸は私達が住むこの世界と亡くなった方々がおられる浄土の世界が最も近くなる期間です。近いというのは想いが伝わりやすいということです😉

 

お彼岸の時に決まって彼岸花が咲くのは、こちらの世界にいる私達の想いとあちらの世界にいらっしゃる方々の想いが通じ合う時期だからかもしれませんね。

 

あちらの世界に旅立たれた方々を思いながら・・。

そしてまた会う日を楽しみに・・・。

 

お彼岸の時期、心安らかに過ごされてください😌

中秋の名月

| ちょっとしたお話 |
Warning: Undefined variable $comments in /home/entrys06/myokokuji.info/public_html/news/wp-content/themes/entrys/archive.php on line 29

今日は中秋の名月ですね😀

 

地球が太陽を一周する時間を基準とする今のカレンダー「太陽暦」

の前に使用されていた月の満ち欠けを基準に作られたカレンダー「太陰暦」

 

この太陰暦では7,8,9月が秋になります。

7月は初秋、8月は中秋、9月は晩秋と呼ばれていました。

旧暦の8月、中秋15日の夜に出る月は一年で一番美しいと言われてきました。

旧暦の8月は今でいう9月ですね!

今日は旧暦の8月15日なのです😀

 

月のお話しと言えば・・・。

「竹取物語」ですね🌕

 

日本最古の物語にして作者不明というかなりミステリーな背景を持つお話です😮

皆さんどんなお話しだったのか覚えていますか?

 

竹を取って売っていたおじいさんが竹林に入った時光る竹を見つけ、切ってみると

その中から小さい女の子を見つけました👧

 

竹の中から金も見つかり、お爺さんとお婆さんはお金持ちになり、

女の子は「なよ竹のかぐや姫」として美しく育っていきます。

 

その美しさに魅かれ、5人の有名貴族から求婚されますが、5人それぞれに「私が望む

ものを見せてくれた方と結婚する」と、仏の御石の鉢、火鼠の皮衣、龍の首の五色の玉、

蓬莱山の玉の枝、燕の子安貝、いずれも伝説級の品物を持ってこいという無理難題を突き

付けます😓

 

5人はそれぞれニセモノを作らせて持って来たり、旅の途中で怪我をしてリタイアしたり・・。

結局誰もかぐや姫の願いを叶えることはできませんでした😩。

 

そして、ついにかぐや姫の噂は帝に届き、帝とかぐや姫は手紙のやり取りをして仲を深めていきます。

 

しかし、8月の満月、今でいう中秋の名月に近づいた頃🌕

 

月を見て悩んでいたかぐや姫はお爺さん達に

 

「自分は月の都の人間で、罰としてこの世に来たこと、もうすぐ帰らなければいけないこと」

 

を打ち明けます。

 

お爺さんも帝も「姫を連れていかれてなるものか!!」

とかぐや姫を警護しましたが、結局姫は月へと帰って行ってしまいました。

 

お爺さんには着物と手紙を、帝には手紙と不死の薬を残しました・・・。

 

しかし帝はかぐや姫がいないと不死になっても仕方がないと月に一番近い富士山で薬を焼きました。

 

というお話しですね!

子どものころうっすらと「竹取物語」の実写映画を見た記憶があるのですが・・・。

とにかく、5人の貴族が不憫でならなかったという記憶があります(笑)😵

この貴族たち、帝とかぐや姫の当て馬じゃん!と・・・(笑)

 

こうして改めてお話を読んでみると・・・。

 

本当に不思議なお話しですね。

平安時代前期、900年ごろにできたお話のようですが・・・。

 

実は・・その時代本当に月から使者がきていたのかもしれませんね😬

 

時代や社会、人がどんなに変わっても、決まった時期に変わることなく私達を優しく照らして、

その美しさで私達を魅了するお月様🌕

 

自然がくれる最高の贈り物ですね。

月例鬼子母神祭でした。

| ちょっとしたお話 |
Warning: Undefined variable $comments in /home/entrys06/myokokuji.info/public_html/news/wp-content/themes/entrys/archive.php on line 29

本日は毎月8日11時~開催されております。

月例鬼子母神祭でした😁

 

今日は おとき の席で今度お彼岸にギター演奏してくださる

小島さんに演奏会をしていただきました😄

素敵なギターの音色と歌声でおときの席がお洒落なカフェに様変わり。

とっても素敵な時間を過ごさせていただきました😁

 

毎月8日 11時から宗旨関係なくどなたでもお参りできる「鬼子母神祭」を行っております。

御祈祷の後、法話、おとき(食事)付きで参加費は月会費500円です。

どうぞお気軽にご参加ください😃

 

 

 

 

 

9月の吉凶カレンダー

| ちょっとしたお話 |
Warning: Undefined variable $comments in /home/entrys06/myokokuji.info/public_html/news/wp-content/themes/entrys/archive.php on line 29

9月に入りましたね😄

今年の夏はお盆を過ぎても暑さが厳しかったですね・・・😅

最近やっと少し涼しくなってきたような気がします・・。

 

さて、今月は10日に中秋の名月。

お月見といえばお団子をお供えしススキを添えますね。

これは何故か?

稲をお供えしようとしたが、収獲し刈り取ってしまった後なので

丁度この時期に穂が出ていて形が似ているススキにした。

ススキには神が宿り、魔除けの効果がある。

というようなお話があるそうです😄

 

台風は心配ですが・・・😅

10日は良い天気になれば良いですね~😀