8月, 2021 | 熊本県荒尾市 日蓮宗大乗山 妙国寺のお知らせページ

今年のお盆は雨続きでした・・・🌀

お盆の最後の日、先日も大雨の中でしたが・・・😅

「お盆施餓鬼供養法要」が行われました。

お参りいただきました皆様、本当にありがとうございました😀

コロナ蔓延防止の為、お焼香の後に退座していただく形をとりました😀

雨続きで涼しいですが、そろそろカラッとした天気が恋しくなりますね・・🌻

 


例年であれば「今年も暑いですね・・・」が決まり文句でお盆の回向へ伺っていたのですが・・・😅

酷暑でない涼しいお盆というのは、私は記憶にありません・・・😓

大雨続きで災害を心配しなければならないお盆になりました。

 

今日はなんだか久しぶりに雨がやみ、お墓参りの方々も続々といらっしゃっております。

お盆の期間は地域によっても違いますが、8月13日~16日。

ご先祖様や浄土の世界に行かれた方々がお家へと戻って来られます😯

元々、お盆は正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。

実は、盂蘭盆とはサンスクリット語で「逆さ吊りの苦しみ」という意味があるのです。

 

盂蘭盆経」というお経の中

 

お釈迦様の弟子の「目連」が地獄の餓鬼道という世界に堕ちて飢えと渇き、まさしく逆さ吊りのような苦しみの母を見かねてお釈迦様の教えに従って多くの僧を招き、様々なご馳走を供えて供養したところ母を救い出すことができた。

 

というお話しからご先祖様を我が家に迎えて供養し、その功徳によって苦しみの世界から救いだし、浄土の世界へと送り返す「盂蘭盆会」の行事が生まれました😮

 

「先祖の霊が帰って来られる」という民間信仰とこの盂蘭盆会が融合して今のお盆の形になったようです。

浄土の世界で幸せにやっているのだからわざわざこちらの世界に帰ってくる必要はない。

帰って来るわけがない、浄土の世界は素晴らしいところだから!!!

 

と考えるところもあるようですが・・・。

 

そこは柔軟に・・・。

 

この時期だけは・・・。

浄土の世界から家族に会いに帰ってきてくれる。

傍にいてくれている・・・。

目には見えなくてもあの頃のように家族みんなで一緒に過ごせる。

 

そう思えた方が素敵だなと僕は思います😌

 

さて、明日当山妙国寺では11時から「お盆施餓鬼供養法要」を行います。

帰って来られたご先祖様、故人の方々をお見送りしましょう。

供養するための卒塔婆のお申し込みはお米代を入れてお一つ三千円です。

当日受付にてお申し込み下さい。

コロナ蔓延防止の為マスク着用にてお参りください。

順番にご焼香をされ、退出していただく形に致します😌


八月のお寺の掲示板からです😀

8月は13日~16日までお盆の期間。

お盆はお亡くなりになられた方々やご先祖様方がこちらの世界へと帰って来られる期間ですね!

なすびで牛、きゅうりで馬を作って飾るのは、「馬に乗って早く帰ってきてほしい」「牛に乗ってゆっくり帰ってほしい」との願いを込めるからです😀

 

皆さんが脈々と受けついでこられたその命と向き合う期間でもあります😌

 

「命」という漢字は、ゴルゴ松本さんの本によりますと。

人屋根に「一叩き」と書きます。

一叩きの連続、つまりは叩き続ける心臓の音。

あなたが寝ている時も休むことない、誰がお願いしたわけでもないのに、

ずーっと叩き続けている心臓。

 

その一叩きの連続が命、生きているってこと。

一叩きを意識できないくらいスゴイ事が生きているってこと。

 

だそうです😯

ご先祖様は10代前で1024人、20代前で104万8576人、27代前で1億人を超え、30代前には10億7374万1824人。

その誰一人が欠けても今の自分は存在することはないのですから、誰しも物凄い確率で沢山の方々の想いを受け継いで今を生きていることがわかりますよね😀

だからこそ、心臓の一叩き一叩きにはそれぞれ皆さんのご先祖様達の想いがこもっていますね。

 

お盆の期間、どうぞ皆様が受け継がれた命と向き合う時間にされてください😁


8月になりました🌻🌻🌻

今日は久しぶりの雨で少し過ごしやすい気候でしたね💦

今からが夏本番なのはわかってはいるものの・・・。

早くこの暑さが終わって欲しいと願う毎日です😰

さて、8月の吉凶カレンダーができましたので掲載いたします!

8月は夏祭りの時期ですが・・。

今年も残念ながら開催されないようですね・・。

 

毎年行っていた一日寺子屋も残念ながら開催できず😰

二年開催できない状態です、皆元気にしてるかなぁ・・・。

皆で、流しそうめんしたいなぁ・・・。

 

早くこの状態が終息してくれるのを願うばかりです。