» 2020 » 9月 » 09

今月のお寺の掲示板より。

槇原敬之さんの「四つ葉のクローバー」という歌の歌詞です🍀

2012年発売なので、もう8年前の曲になりますね😀

中学生のころから槇原敬之さんの曲が大好きで、青春時代、

その歌詞やメロディに何かあるたびに励まされてきました😊

お坊さんになって、人の想いや、浄土の世界や、神様や仏様・・。

目には見ることのできない世界と深くかかわるようになり、

色々と考えていると、車のラジオからこの曲が流れてきたのです👦

 

この目で見ることができないからと言って

そこにはないと決めつけてしまうことは

夢とか希望とか絆とか愛が

この世界にはないと

決めつけることと同じなんだ

 

この歌詞を聞いたとき、うまくは言えませんが・・。

何か自分の中でパズルのピースがはまったような・・・

何かが「ストン」と腑に落ちた感じがしました😀

 

目には見えないからこそ、その存在は無いのではなく。

ただ、決まったカタチがないだけで・・・。

 

沢山の人の心の中で色んなカタチになって

色あせる事なく、存在し続ける。

 

だからこそ、目には見えないものは、

いつでもどんな時でも、変わらずに感じることができる。

 

そういう風に思えるようになりました😀

 

槇原さんの歌だからこそ伝わる言葉やメロディがあります。

 

また沢山の方の心に響く歌を歌ってほしいと願っています😀