» 2020 » 2月 » 07

「鬼はそと、福はうち」

2月3日は節分でしたね😁

節分は昔、今でいうところの「大晦日」一年の終わりの日でした🌅

次の日、立春が「元日」一月一日だったのです。

だからこそ、一年の最後に鬼を払い来る年に福をもたらすために豆まきがされてきたのです。

「鬼」とは災い、不幸、恐ろしいもの👹、一方幸せをもたらすものは「福の神」😀

 

狂言の古くから伝わる演目の一つに「福の神」というお話があります。

2人の男が、節分の夜、例年のように福の神に参詣に行った二人の男が『鬼は外、福は内』と豆まきをしていますと、福の神が笑いながら現れます。

福の神は「毎年参詣するので感心した」と言って、お神酒を催促します、他の神々に供え、自分も飲みます。「豊かになりたい」という二人に、福の神はその秘訣を歌いながら教えます。

豊かになるには元手がいる、元手とは金銀や米などではなく、心持ちのことだ、その心持ちとは、早起きをすること、他人に優しくすること、人付き合いを大切にすること、夫婦仲良くすることだ

 

豊かになるとは幸せになることですね😀

確かに、早寝早起きをすると生活習慣がしっかりして体調も整います。他人に優しくして、人付き合いを大切にしていれば、友達も増え、生活が明るくなりますね!そして何より夫婦仲良くしていれば家庭は円満。家庭はその人の根幹を支えるものですから😁

 

確かに!この4つの事を心掛けていれば幸せに暮らせますね!さすがは福の神😆

 

節分という漢字には「節」があります。

私達がよく目にする植物で「節」がよくわかる植物といえば「竹」ですね!

多くの植物の中で竹だけがところどころに節がついています。

 

ところどころ節がなければ竹はあのように高く伸びることはできません。衝撃や風ですぐに折れてしまったりすることでしょう。

節が沢山あるからこそしなやかに、力強く空高く伸びているのです😀。

 

私達の人生にもそれぞれ「節目」というものがありますね😅

その節目をどう過ごすかで私達の人生がしなやかで、力強いものか決まってくるのではないでしょうか?

 

この2月の節分の時期、まさしく一年の節目の日

 

やってくる鬼👹そして自分の中の鬼👹を追い出し、

一年の福を呼び寄せたいですね!

 

明日2月8日(土)11:00~は当山妙国寺にて節分会星祭~除災招福豆まき~

 

皆さんの中の鬼を祓い、福を呼び寄せ、良き一年になるように祈願致します😁

ご自身の本年の運勢を調べていただき、お守りを授けます😄

お守りは、お一人300円です。

当日、受付にてお申し込みください!

詳しくは・・・ こちら

 

沢山のお菓子と豆をまきますよ~!

是非みんなでお参りに来てください😁