昨日は春季彼岸施餓鬼法要にお参りいただきありがとうございました😀

まだまだコロナの感染予防で予断の許さない中、法要の時間をできるだけ短縮して行いました。

祝日ということもあり、息子も法要に参加しました。

一時間弱の法要で、足がしびれてしまったようで最後は立てなくなっておりましたが・・・😅

皆様の「頑張って」というお声がけ、とても嬉しかったようです😀😀

皆様に優しく見守っていただき、育てていただいており、とてもありがたく思っております。


「暑さ寒さも彼岸まで🌸」

お彼岸が近づくにつれて急に暖かくなってきましたね!

彼岸の中日、20日(土)春分の日を境として一週間。

昨日から令和3年春のお彼岸の期間に入っております😀

 

お彼岸の期間は私達が住むこちらの世界と、亡くなられた方々、ご先祖様、

仏様のいらっしゃるあちらの世界が最も近くなる期間です😌。

 

浄土の世界にいらっしゃる方々を想い、偲ぶ期間でもありますが、父や母、

祖父や祖母、ご先祖様たちが紡がれた歴史の中で、自分が今生きている。

 

そんな自分の生命と向き合う期間でもあるわけです😌。

 

「手から手へ」という本があります。

ちょっとご紹介します。

やさしいちちと やさしいははとのあいだにうまれた

おまえたちは やさしい子だから

おまえたちは 不幸な生をあゆむのだろう

 

(略)

 

やさしい子らよ おぼえておおき

やさしさは このちちよりも このははよりもとおくから

受け継がれてきた ちまみれなばとんなのだから

てわたすときがくるまでは けっしててばなしてはならぬ

 

(略)

 

このちちよりも

このははよりもとおくから

射し込んでくる 一条の

ひかりから眼をそむけずにいよ

 

一ページ毎に詩と写真が掲載されています。

 

この詩を読みますと、先祖代々遠くから受け継がれてきたやさしさが今、

自分の中にあり、それを日々子ども達に伝えていっているのだな・・・👪。

 

そんなことを改めて感じることができます。

お彼岸の時期、興味のある方はぜひ読んでみて下さいね😀。

妙国寺の本堂の本棚にも並べてあります。

 

そして、20日(土)春分の日には11時~

春季彼岸施餓鬼法要があります。

ご先祖様や故人を想い、一緒に手を合わせませんか?

水子供養も当日受付いたします。

卒塔婆代は三千円です。

当日は、 こちら 11時~ネットで法要を生配信致します。

供養のお申し込みは こちら からでも可能です。

 

当日お出でになり受付でお申し込み下さっても大丈夫です😀。

境内の桜の花も咲き始めました。

明後日には5分くらいは咲いているかもしれませんね😀


「リモート〇〇」「オンライン〇〇」

電話口でお経をあげたことはあったものの・・。

コロナ禍前までは、

お寺には無縁な世界だな・・・🙄。

としか思っていませんでしたが。

 

法事や法要、供養、祈祷など・・・

遠方の方やお寺に来れない方々の為に徐々にその活用も増えてきました😐。

 

法華経の中でお釈迦様は

 

「例え目に見えなくても、私は常にここにいるのです。

どこか他の国でも、仏教を信仰し、私を信仰する者たちがいるのであれば、

私はいつでもそこに姿を現して、最高の教えを説き、あなた方を良き方へと導きます」

 

こう仰っておられます。

 

場所は違えど、神仏の御前にて画面を通して同じ時間帯に共に手を合わせ、祈り、

法華経で繋がるのですから、本堂でお参りすることと同じともいえますね😀

 

「仏様はいつだってオンラインなのです」

以前、そんなお話を聞いて妙に納得しました。

 

妙国寺では 「ZOOM」や「you tube」の限定公開(アドレスを知っている人しか見れません)

を利用してリモートで、供養や祈祷を行っています。

 

ご利用をお考えの方はお気軽にお問い合わせください😀


「悲感を懐(いだ)いて 心遂(つい)に醒悟(しょうご)す」

法華経の中にこんな言葉が出てきます。私達が日々を生きていくことは決して楽しい事ばかりではありません。愛しい人を亡くしてしまったり、誰かに傷つけられたり、将来を思い悩んだり、悲しいことも苦しいことも、まるで海の底に沈んでしまったかのように悩み苦しむことだってあります。しかし、そんな悲しみや苦しみが大きければ大きいほど、悲しみにうちのめされることによって、どうにもならない状況に立ってはじめて、その悲しみの底から迷いの眼が開かれてくるのだよという教えです😌

 

価値観や生活環境がめまぐるしく変化していく現代、社会生活や人間関係、介護や育児、理想と現実のギャップなど悩み、苦しみは尽きません。

今、お悩みのあなたへ どうか、一人で苦しむことなく、いつか迷いの眼が開かれるように、その悲しみや苦しみがいずれ、ほほ笑みながら振り返ることができますように・・・

お手伝いさせていただけませんか?

ご自身の心を文章にするだけでも自分自身を少し冷静に見ることができることと思います。どうぞ、心の内をお気軽にメールしてください😌。

gisyun-gisen@myokokuji.info

*仏事に関する事、お墓のこと、お寺の相談、宗教に関係するトラブルなどもできる限り、ご相談に応じます。お気軽にどうぞ。秘密は厳守致します

お返事はパソコンから、 gisyun-gisen@myokokuji.info  から送信いたしますので、メール受信が可能なアドレスをご記入ください。


3月も中旬になり、徐々に過ごしやすい気候になってきましたね。

3月といえば卒業式シーズン。

昨日は荒尾市の公立中学校の卒業式へ教育委員として参列してきました🏫。

 

本年度はコロナ禍の影響で例年の様な中学生活最後のイベントや行事ができず、

生徒の皆さんも先生方も悔しい事も沢山あったかと思います。

 

そんな中で、例年の様にはできなくても何とか生徒たちに、

「思い出を作ってあげたい」

とできる限りの方法を必死に考えて、行われていた先生方のご尽力には本当に頭が下がります😌。

 

卒業式、校長先生が式辞の中で「多様性」について仰っておられました。

 

「みんなちがって、みんないい、この詩のように、自分とは違う考え、人、性格、価値観・・・。他者を受け入れ、お互いに認め合うことはとても大切なことです。多様性について考える上で、最も大切なことは「普通である」とは一体何なのか?自ら問いかけ、常に考えていくことです。

普通とは何か?常に考え続けていってください。」

 

振り返ってみますと校長先生が仰ったように、

今まで「普通」と思っていた生活ができなくなってしまった本年😓。

 

しかし、時間が経つにつれ、マスク姿と消毒が「普通」になり、

色んな行事は形を変えたり、自粛されるのが「普通」となりました。

 

私達の中の「普通」というのは時代や状況によって簡単に変化していくもの・・・。

 

自分にとっての普通は変えることができるのだから、他者と認め合うこともできる。

それが多様性を受け入れ、他者と認め合える、そんな社会へとつながっていく・・。

 

校長先生のお話を聞いてそんなことを思いました・・・😌。

 

境内の桜の花ももう蕾が出てきました。

もうすぐ「春」ですね。

卒業生の皆様のご活躍とその未来に幸多き事、心より祈っております😀。



三月の吉凶カレンダーができましたので配信致します😀

三月は24節気の一つ、「啓蟄(けいちつ)」がありますね🐸。

冬ごもりしていた虫達も土の中から動き始める季節です
今年の冬はなんだか寒く感じましたが、いよいよ春も近づいていますね。

それにしても、10日くらい前は雪だったり春の陽気になったりと、
めまぐるしく気候が変化していますね・・・😅

そして、20日を真ん中として、前後3日、合わせて1週間「お彼岸」の期間ですね😀

お彼岸は私達の住むこの世界とあちらの世界が一番近くなる期間です。

亡くなった方々、ご先祖様がいらっしゃる浄土の世界に想いを馳せながら・・・

心静かに、生命を慈しみながら過ごしていきたいものですね😌

31日は「天赦日」となっています。

天赦日は、神様が天に昇って人間を許す日で吉日の中でも最強のラッキーデー。

年に5,6回しかない貴重な日です😁

 

3月も皆様にとって良い月になりますように・・・😀


今月のお寺の掲示板の言葉はお釈迦様の言葉から・・・

 

ちょうど一年前くらいでしょうか・・・🤔

マスクや消毒液が店頭から消え、どこからともなく沸き起こった紙不足の噂。

トイレットペーパーや紙製品まで悉く消えてなくなり。

ドラッグストアやホームセンターなどが騒然としていましたね・・・😅

今や様々な情報が溢れかえる時代です🙄

SNSやネットの情報、テレビの情報やコメンテーター、知識人の方々の発言。

それで手にした情報が、切り取られたり、勝手に解釈されたり、

「・・・らしいよ」「・・・って書いてあった」「OOさんが・・・って言ってたから!信憑性ある!」

という具合に噂話がまたネットに書きこまれ、更に情報が氾濫していく😅

便利な時代でもあり、恐ろしい時代ですね・・・。

不染世間法 如蓮華在水
「世間の法に染まらないことは、ちょうど蓮華が水の中にあるがごとくである」

法華経の中の一節です。

 

蓮華は仏教のシンボルと言えます。

蓮の花は泥中にありますが、その泥に染まることなく、それをかえって養分として美しい花を咲かせます。

仏像が蓮華の台座に座しておられる姿はよく見られると思いますが、そのわけは

「泥に染まらず、清らかなままである」

という意味があるからです🐸

私達もまた、世間の悪い事に染まってはいけないが、世間を離れてもいけない。

世間の中にあって、それを糧として、各々が美しい花を咲かせなさい、という教えです。

だからこそ私達も溢れかえる様々な情報に染まらず、流されず、一方で糧として、

しっかりと自分自身の経験と理性で判断し、生きていきたいですね😀


本日、節分会星祭祈祷会が行われました😀
お参りいただいた皆様、お守りを申し込み下さった皆様。
ありがとうございました😄


郵送でお申込みいただいた皆様はお手元に届くまでもうしばらくお待ちください😀


2月の吉凶カレンダーができましたので、掲載いたします。

意外にも沢山の方に見ていただいているようで・・・恐縮です😅。

 

2月は「立春😮」

1月5日の「小寒」で寒の入りから、一番寒い大寒を経て「立春」で寒の明けとなります。

大寒が一番寒い時期といわれますが、今年は1月の8~10辺りが一番寒かったですね・・😓

 

立春は24節気のスタートですので季節の始まりです!
124年ぶりの2月3日の立春。
この偶然に生きていることに感謝し、新たな気持ちでスタートしていきたいですね😁


本年は2月2日が「節分」ですね👹

先日、節分について書きましたが、簡単にもう一度。

節分は昔、今でいうところの「大晦日」にあたります。

次の日の「立春」から一年は始まる!と考えられていたのです。

なので、一年の穢れや災いを大晦日におとそうと、厄払いの行事が行われていました😀

その一つが豆まきなのです😃

さて、立春が来て年が変わり、一年の皆様の運気も変化します🙄

一年の始まりに皆さんの一年の運勢を調べて運気をあげるよう祈祷をするのが

「星祭」です💫

「九曜星」って言葉聞いたことありますか?

この世界には一定の法則によって循環している九つの見えないエネルギー(精気)があります。

一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星

人がこの世に誕生した時、その年に充満する九つのエネルギーのうち、どれを吸い込んだかによって自分の星が決まり、

年によって変化する盤にご自身の星がどのマス目に入っているかでその年の運勢を占っていくものです😀

本年の衰運は・・・二黒土星、九紫火星、三碧木星、六白金星 の方々です😥

ご自身の星や運勢を知りたい方は上記の表をクリックしてご覧ください。

 

 

2月8日(月) 11:00~ 12:00~ 

節分星祭会」本年は2回に分けての開催です)

 

「節分星祭会」では、皆さまが一年、良き運勢の方はもっと良くなるように

悪い方は良くなるように、星祭りの祈祷をし「星祭り御守り」をお配りします😌

 

密を避けるために2回に分けての開催です。ご都合が良い時間にお出でください。

 

*毎年恒例の豆まきはお参りの方々の密接を避けるため中止致します😥祈祷会だけの開催です。

 

星祭祈祷会に参加されたい方、行きたいけれども行けないので御守りだけ欲しい方、宗派問わずどなたでも参加、お申し込みできます😀。

こちら より 上記の申し込み内容、生年月日 性別 御名前 ご住所 をお知らせください。

印刷されて記入され、FAX 0968-62-2107又は、郵送されても構いません😄

お一人300円で祈願し、お守りを作り、お渡しいたします。

お寺まで取りに来れない方は郵送致します。

 

祈願料は後からでも構いませんので、できるだけ先にお申し込みをお願い致します。

 

星祭祈祷会の様子は後日 こちらで見ることができます。

どうぞお気軽にお申し込み下さいませ😁