七五三の日。

| ちょっとしたお話 |

秋晴れが続いてとても気持ちの良い気候ですね😀
今日は七五三の日🐾

今日お参りに来てくださったのは、安産祈願、初参りを妙国寺で経て、七五三に来てくださった

「さなちゃん」です😁

お子さまの成長された姿、ご家族の幸せそうな姿を見させていただくと、本当に嬉しく、こちらまで幸せになります😄

今年は嬉しい事に、安産祈願、初参りを経て七五三に来てくださるお子様が多かったです😁

 

さて、何故 七五三 女の子は二回あるの?

とご質問を受けたので、書きます🙄

 

三歳の時は、「髪置」という儀式を男女関係なくやっていたそうです。

昔は、髪を幼いころに剃っておくと、綺麗な髪が生えてくる👶。

と信じられていたために男女関係なく髪を剃っていたそうで・・・

三歳になると剃るのをやめて伸ばすことが許されるようになったそうですよ。

そして、髪に白粉をつけて櫛ですいて、髪が白くなるまで長生きしますようにと願う儀式、これが「髪置」

 

五歳は男の子の「袴着」という初めて袴を着付ける儀式。

七歳は女の子の着物を帯で着付ける「帯解き」という儀式。

 

なので、男の子も三歳と五歳で二回。

女の子は三歳と七歳で二回。

行っていたそうです👪

 

それが時代の流れでいつの間にか男の子の「髪置」がなくなり、

男は五歳の時に1回、女の子は三歳と五歳で二回になりました👦👧

 

時代と共に、やり方は変化していくでしょうが、

親が子の成長を心から願い、その成長を皆で喜び幸せになる。

という事はいつの時代もきっと変わりませんね👪

 

お子さま方の健やかな成長を心からお祈りしております😁